1/1

竹井紫乙『菫橋』

¥1,650 税込

残り1点

¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

---
時実新子に川柳を学び、関西で活躍する川柳作家の第3句集。家族のあり方や、愛とか憎しみとか人間の生きる根っこを探究しながら、独自のユーモアとペーソスのある川柳世界を展開する。

川柳作品と、川柳作家、柳本々々との対話「ぼれろ」の2部構成。現代川柳とは? 定型のこと、東日本大震災と川柳など、スリリングな対話を収録。

■収録作品より
幸福か日陰の探せない町で
ぼったくり移動遊園地 行きたし
財産のひとつに優しそうな顔
大安を少し焦がすといい香り
コンビニの棚に酷薄女子並ぶ
白線の内側鳩と待つ電車

【著者プロフィール】
竹井紫乙(たけい・しおと)
1970年大阪生まれ。1997年より川柳を始める。
終刊まで『月刊川柳大学』会員。
現在、びわこ番傘川柳会『川柳びわこ』会員。
第1句集『ひよこ』2005年、編集工房 円
第2句集『白百合亭日常』2015年、あざみエージェント

(港の人)

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (152)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,650 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品