オルガン

フレッシュかつ、核心に迫る俳句同人誌オルガン。

オルガン18号は、筑紫磐井さんとの座談会。震災詠、俳句の社会性について歴史を参照しながら語っています。座談会2は石寒太さんと、自由律俳句の季節感と季語について。どちらも熱い議論!


オルガン、17号!
なんといっても、座談会
筑紫磐井「兜太・なかはられいこ・「オルガン」」を読む
がすごいです。「意味」と社会性俳句、文体と主体感、意識的態度。読みに麻酔を打つ、解釈と洞察、など、キーワードだけ拾っても、かなり刺激的な議論が展開されています。


オルガン16号…
座談会は
樋口由紀子さん『めるくまーる』
樋口さんの不思議さや重さもある川柳の読み解き、俳句と川柳のスタンスや視野の違いにも真剣に言及しています。
浅沼璞×柳本々々さんの往復書簡、最終回!
研究者 青木亮人さんのエッセイ
では『秒速5センチメートル』と、更科日記を並べています!なんと


オルガン15号…熱い作品群や連句。小津夜景さんと北野太一さんの対談「翻訳と制約」小津さんの博識が爆裂しています!圧巻。浅沼璞さん・チェーホフと軽みの話。座談会・「わからない」とは何か。今回も大充実です

¥ 1,000

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 配送料

    全国一律 400円
通報する