伊豆みつ『鍵盤のことば』 | がたんごとん

1/1

伊豆みつ『鍵盤のことば』

¥ 1,870 税込

残り1点

¥ 3,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

伊豆みつさん『銀盤のことば』。
柔らかな装丁、旧かな遣いに、音楽や花のモチーフながら、甘さの中にも痛み。ときおりナードな過激さが交錯します。

花の名を呼ぶかのやうに歌ふから耳がすっかり咲いてしまつた

雨を惜しむなんて傲慢 高評価とチャンネル登録おねがひします

空満つ。 と宣ればそのとほりになつて星ばつかりである踊らうか

幻想的で美しい描写の中に、現代的な生々しい感情が放たれるのも心地よいです。

ーーーーー

新鋭短歌シリーズ52
監修:黒瀬珂瀾
四六、並製、144ページ 
定価:本体1,700円+税

夜明けが、雨が、そして音楽が――言葉になる瞬間を見に行こう。
〈あなた〉と深く、指をからめて。(黒瀬珂瀾)

【5首】
あなただれ、黄昏。おまへだれ、雪崩。浮世草子をうしろから読む
言葉なるもののからだに棲むかぎり祈りの部屋は保たれてゐる
改札までつないでゐてねオクトーバー・フールと唱へてはだめですよ
つけまつげ冷たく濡れて街灯りはまばたきのたび更新される
鍵盤は押せば鳴るもの鍵盤は発語するのに適訳がない

【著者プロフィール】
伊豆みつ(いづ・みつ)
石川県生まれ。上智大学文学部国文学科卒業。2014 年、未来短歌会に入会。黒瀬珂瀾に師事。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (42)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 1,870 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品