田村元『昼の月』 | がたんごとん

1/1

田村元『昼の月』

¥ 2,750 税込

¥ 3,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

『歌人の行きつけ』でも話題、田村元さんの第二歌集です!

会社には離婚休暇はなきゆゑに小春日和に有給を取る

はんぺんがちくわの方へ流れ寄りわれは酔ひへと傾いてゆく

人々が椅子に腰掛けパソコンが少し遅れて立ち上がる朝

春の日の午後を働くわがために鯖の半身が横たはりをり

サラリーマンである事や、仕事の後の食事の歌が多く、いぶし銀な哀愁と暖かみに溢れています。
酒の歌、食事の歌。飯テロ力もすごいです。
こんな大人になりたい…!(よ)

------------

田村元歌集『昼の月』

りとむコレクション118

ときおり姿を見せる昼の月に、詩歌に関わる<われ>を重ね合わせる。
サラリーマンの<われ>から、そっと手渡されたメモ。
歌はそこから生まれてくる。
かつてあったもの、これから現れるであろう存在を見つめ、いまを詠う田村元の第二歌集。

●歌集より5首
サラリーマンは太鼓持ちではないけれどときをり持ちて叩くことあり
職場から酒場へ向かふ 西部劇のころがる草のやうな気持ちで
みちのくの田酒(でんしゆ)のうすき黄を愛でてわれが<わ>と<れ>にほぐれゆきたり
リビングとベッドの間にラーメン屋なくて小さなどん兵衛ひとつ
テーブルでMacの画面ひらくとき妻のMacの背と触れ合ひぬ

四六判上製カバー装・168頁
装幀:片岡忠彦

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (42)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 2,750 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品