三田三郎『鬼と踊る』 | がたんごとん

1/1

三田三郎『鬼と踊る』

¥1,870 税込

SOLD OUT

¥3,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

ぼろぼろの単語帳めくる少年よ頑張れ俺はもう頑張れない

公園のカップルを睨み付けたあと帰る夜道は暗すぎないか

目覚めれば現実起き上がれば現実ちょっとお茶でも飲めば現実


何ともレトロな印象で、昭和の風情すら感じる魅力的な装丁。笑いを誘うような歌も多くあります。頑張れなくなった「俺」の代わりに、勉強をする少年を励ます姿。カップルに嫉妬と悪意を向けてしまった後の自己嫌悪。
タイトルも「肝臓のブルース」「二日酔いのエレジー」「せめてあくびを」など、コミカルです。

ただの面白い話で終わらせられないのは、これがフィクションではなくて、生きている本人の生々しさがあって、例え苦労や悲しみがあっても、もう1人の自分が、笑い話にしようとしている姿が見えるからだと思います。


爪を切る気力があればよしとする自律神経没後八年

コンビニで靴下を買う大人にはなりたくなかった!(なりたくなかった!)


どんなに心の叫びがあっても、不満があっても、そのまま暗い形で吐露するのではなくて、一歩引いてコメディにしてしまう、強さや優しさも感じました。



瞳孔が開いたコメンテーターの言うことだけは正座して聞く

死神から誘いが来ても今日はまだ「行けたら行く」と答えるだろう


帰ったら石鹸で手を洗いなさいウイスキーで脳を洗いなさい


瞳孔の開いた人の言葉に強く共感したり、はぐらかしながらも死神の声が聞こえていたり…実は、すごく切迫しているようにも見える。
「これまで私が生きてきたなかで出会った「鬼」について怨念を込めながら赤裸々に綴ってみたのですが(中略)そもそも、私もまたこの世に蔓延る「鬼」の一匹に過ぎないのですから、被害者面で他の「鬼」の悪行を暴き立てて得意になるのもおかしな話です。」
と、あとがきにあって、「三田さん、優しすぎるよ…!!」と、ややいたたまれない気持ちにもなるのですが、それが、三田さんの納得のいく在り方で、「鬼」との向き合い方なのかも知れない。と思います。
「あ"ー!」という気持ちにもなるし「明日もいけるかも!」という気持ちにもなる歌集。
山田航さん監修、解説も興味深いです!
是非、ご一読下さい。(よ)



−−−
ずっと神の救いを待ってるんですがちゃんとオーダー通ってますか

第一歌集『もうちょっと生きる』から3年。現代短歌界のダークホースとしてただならぬ存在感を放つ著者、待望の第二歌集。笑いと絶望のはざまで踊る226首。

顔の見えない〈私たち〉が、それでもなおリアルに「語り」続ける。
この歌集は紛れもなく現代短歌の先端にある。
ー山田航

〈収録短歌より〉
生活を組み立てたいが手元にはおがくずみたいなパーツしかない

心にも管理人のおじさんがいて水を撒いたり撒かなかったり

正義と悪みあってみあってはっけよいのこったのこった観客の勝ち

1杯目を飲む決断は僕がした2杯目以降は別人がした

ぼろぼろの単語帳めくる少年よ頑張れ俺はもう頑張れない

気を付けろ俺は真顔のふりをしてマスクの下で笑っているぞ

あなたとは民事・刑事の双方で最高裁まで愛し合いたい

店員に小銭を投げるおじいちゃん それを見て惚れ直すおばあちゃん

入口じゃないところから入ったがもう出口だから許しておくれ

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (45)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,870 税込

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品