山木礼子『太陽の横』 | がたんごとん

1/1

山木礼子『太陽の横』

¥2,200 税込

¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

落ち着きがありながらも華があり、軽やかさも感じる装幀。(装幀・花山周子さん)


からだから取り出したものは龍だらう、ほら鬣がこんなに生えて

入院着のボタン留めつつちちふさに金鉱脈を眠らせてをり


ただの比喩とは言えないような、おおらかで、深み、神秘をどしんと感じる歌。

割合として少なくないので、子育ての歌が注目されがちですが、多彩な表現やモチーフにも目を見張ります。


子を持ちても歌会へ通ふ日々をもつ男性歌人をふかく憎みつ

小説を読まずに生きる一生は楽しからうよ草なども踏む

見事なイメージだけではなく、告発のようにそのまま感情を詠んだ歌や、行き場のない苛立ちの描写も、殺伐として生々しく感じます。


長雨に流れてしまひたるゆゑに運動会の歌が書けない

生きることの目的は生き延びること床からひろつた服なども着て

季節の言葉もしみじみと、それでも現代らしさを生き生きと折り込みながら詠まれています。暮らしの、素朴で、それでも底から歌い上げるような歌もあります。


地下鉄でレーズンパンを食べてゐる茶髪の母だついてきなさい

おそらく実景、でありながらも、ユーモラスで、寂しさや強さも感じる立ち姿。



コメントは今はいいからここで泣くわたしの子供だれか止めてよ


最後まで楽しいと思へないままで育児が終はるまづしく終はる


歌集として読むなかで、まづしく終はる、と結論してしまう重たさとと、現実の受け入れに衝撃を受けます。

などなど、引いていくとキリがないのですが 、
「五十年後から私が来た」という少しトリッキーな連作から、甘美な雰囲気の歌など、本当に多様です。


はつなつの風邪のしぶとさ しはぶくに息はするどく切りきざまれて


はつなつの風邪のしぶとさ という、爽やかな季節にダルさをぶつけたワードのパンチ力!
多彩な視点、表現が、どれも人生として重なって、重み、深みがどんどん足されていくので、歌集としてまとめて読む事が本当に楽しいです。待望の第一歌集、是非ご覧下さい。

−−−
2013年第56回新人賞受賞作「目覚めればあしたは」から「短歌研究」連載まで8年間の作品をまとめた待望の第一歌集。
これまでの出産・子育ての歌に比べて抜群に新しい、現代女性のひりつくような日々を、冷静な視線をもって、みずみずしい感性でうたう。

山木礼子 (ヤマキレイコ) (著/文)
2011年、未来賞受賞。2013年、「目覚めればあしたは」で第56回短歌研究新人賞を受賞。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (91)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥2,200 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品