湊圭伍『そら耳のつづきを』 | がたんごとん

1/1

湊圭伍『そら耳のつづきを』

¥1,540 税込

残り1点

¥5,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

---
現代川柳は《現在》の破片である──。
川柳の伝統を批判的に受け継ぐ現代川柳作家による480句。
『はじめまして現代川柳』でも注目された著者の待望の第一句集。

【収録句より】

マグカップで壊せるような朝じゃない

そら耳のつづきを散っていくガラス

最初が運、途中は夢でいいですね

ガラス屋の軽トラの荷台のデュシャン

君が袖ふる愛をガシガシ消すために

足もとはNIKE行き交う年もまた

ヒロシマにダーツふわっと散る光

神よ神よ砂ずりがまだ来てませんね

漱石のちょっと発熱ちょっと死後

助手席でカバンのなかを拭いている

何となく明るいほうへハンドルを

【著者略歴】
湊圭伍(みなと・けいご)
1973年大阪生まれ。愛媛県松山市在住。2009年より「川柳バックストローク」に投句、2010年(第30号)より同人。同時期より「川柳結社ふらすこてん」に投句。以降、「川柳カード」「川柳スパイラル」「せんりゅうぐるーぷGOKEN」同人。小池正博編著『はじめまして現代川柳』(書肆侃侃房、2020年)に、湊圭史名義で自選76句掲載。詩誌「Lyric Jungle」同人。詩集に『硝子の眼、布の皮膚』(草原詩社、2004年)。


(出版社:書肆侃侃房)

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (91)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥1,540 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      セール中の商品
        その他の商品